安城 リフォーム 総和


岡崎市東大友町 Y様邸 浴室・洗面台リフォーム事例

 

施工概要

地名

岡崎市東大友町


施工内容

浴室・洗面台リフォーム


リフォームのきっかけ

水まわりの調子が悪く、浴室と洗面台のリフォームを探されていたところ、知人の方から弊社をご紹介いただき、それがご縁でご依頼くださいました。

リフォームのポイント

001

脱衣所までポカポカを持続!

タイル仕上げからシステムバスにすることで、床や壁から寒さが伝わらなくなりますが、脱衣所に手を加えないと、お風呂から出たときに結局寒い思いをしてしまいます。そこで今回、脱衣所の下地にも断熱材を敷き込むことで、お風呂から出ても底冷えする心配をなくしました。

浴室・洗面台リフォーム前

001 001  
施工前の浴室です。浴室と洗面台の不具合にお困りでした。 こちらは施工前の洗面台です。  

浴室・洗面台リフォーム中

001 001 001
既設の浴室を解体していきます。 浴室だけでなく、タイル壁や床も解体します。 洗面脱衣場も、既設の床と木下地を撤去します。
001 001 001
洗面脱衣場と浴室との境のタイル壁にひび割れが発生していました。そこから侵入した水によって、木の下地が腐食してしまっていました。 新築当時の給水管は鉄管を使用していたため、経年変化で錆が生じ、発生・腐食によって水漏れが起きてしまっていました。 窓の取り替えも行います。
001 001 001
システムバスは架台にボルトで固定するため、土間をコンクリートで打設して土台を作ります。 洗面脱衣場の木下地(垂木)を取り替え、脱衣場の床には底冷えを防止するために断熱材敷きます。 システムバスの部品は写真のように、各部位ごとにバラバラに搬入されます。
001 001 001
パーツが揃った部分からシステムバスの組み立てに入ります。 内装に用いるクロスへの糊付けには、専用の糊付け機を使用します。 最後に内装用のクロスを張っていきます。

浴室・洗面台リフォーム後

001 001
水漏れを起こしていた給水管も耐食性のある架橋ポリエチレン管に取り替えたので、問題なくご利用いただけるようになりました。 浴槽もぐっと広くなり、より快適になりました。システムバスなので、冬の寒さにも強いです。
001  
洗面台も、新しく生まれ変わりました。床の底冷えを防ぐため、断熱材を下地に敷き込みました。これで、冬も安心・快適にご利用いただけます。  

この事例のお客様の声はこちら
キッチンリフォーム事例一覧
施工事例一覧はこちら


はじめにこちらをお読みください 会社案内 住まいの試着をしましょう

浴室リフォームのポイント

浴室リフォームのポイント

総和住宅へのご相談はこちらから


詳しくはお問い合わせください!