安城 リフォーム 総和


安城市箕輪町 K様邸 浴室リフォーム事例

 

施工概要

地名

安城市箕輪町


施工内容

浴室リフォーム


リフォームのきっかけ

水漏れが発生しているためか、水道メーターが常にゆらゆらと回っている状態を気にされていました。

リフォームのポイント

001

お風呂も耐震で安心!

お風呂にも耐震構造のものがあること、ご存知でしたか?今回、システムバスには震度6強相当の振動にも負けないフレーム構造を持った耐震システムバス(タカラスタンダード製)を導入しました。これで、もしもの際も安心ですね。

浴室リフォーム前

001 001  
施工前の浴室です。タイル式で、冬になると冷たくなってしまうのが悩みの種でした。 こちらの窓も、ルーバータイプのものに取り替えます。  

浴室リフォーム中

001 001 001
既設のタイル壁と床、さらには天井も撤去します。 0.75坪の場合、写真のような大きな袋4袋相当の廃材処分が必要となります。 既存の設備を撤去したあと、残土を処分していきます。
001 001 001
既設配管も撤去します。 この段階で、既設給水管が鉄管であったために、長年の経年劣化により腐食して穴が開いていたことがわかりました。 土間にコンクリートを打設して、システムバスが傾かないようにします。
001 001 001
給排水管及び給湯配管を取替・移設します。 電源・換気扇ダクト・照明等の配線をまとめ、入れ替えます。 洗面脱衣場の床下地を取り替え、補強・補修します。
001 001 001
木下地を硬質プラスチック製の束で支え、断熱材を間に入れ込みます。 システムバスを組み立てます。 耐震システムバスのフレーム構造です。
001 001 001
洗面脱衣場の下地を張っていきます。 浴室の出入り口は、バリアフリー仕上げとなっています。 窓の大きさを縮小し、ルーバータイプのものに付け替えました。
001    
窓周りの板金の補修もおこないます。    

浴室リフォーム後

001 001
キレイに生まれ変わりました。浴槽には手すりをつける等、バリアフリーにも配慮しました。 下地に断熱材をはさんでいるので、冬でも寒さが伝わりにくくなりました。
001  
ルーバタイプの窓に取り替えました。擦りガラスになっているので、外からの視線も気になりません。湿気のこもりやすい浴室での給気も快適に行えるようになりました。  

キッチンリフォーム事例一覧
施工事例一覧はこちら


はじめにこちらをお読みください 会社案内 住まいの試着をしましょう

浴室リフォームのポイント

浴室リフォームのポイント

総和住宅へのご相談はこちらから


詳しくはお問い合わせください!